ブックレビュー

まどかリビングのブックレビューでは、まどかリビング代表の私が、勝手にセレクトして、面白いと思った本を紹介させていただきます。

ブックレビュー
『光る君へ』

今回のブックレビューは、NHK大河ドラマ「光る君へ」です。 申し訳ありません。正月疲れでまともに本を読んでいません。なので、手抜きの指摘を甘んじて受ける覚悟で、今回はテレビドラマ。それも放送が始まったばかりで終わってもい […]

続きを読む
ブックレビュー
『宗教の起源』

宗教の起源 私たちにはなぜ〈神〉が必要だったのか ロビン・ダンパー(著/文)小田 哲(翻訳)長谷川 眞理子(解説) 発行:白揚社 46 縦188mm 横130mm 厚さ29mm 352ページ定価 3,000円+税 書店発 […]

続きを読む
ブックレビュー
『習慣の力』

ハヤカワ文庫NF習慣の力〔新版〕 チャールズ・デュヒッグ(著/文)渡会 圭子(翻訳)発行:早川書房文庫判 縦157mm 横106mm 厚さ16mm 重さ 252g 432ページ定価 1,020円+税 書店発売日2019年 […]

続きを読む
ブックレビュー
『神は数学者か?』

神は数学者か?ー 数学の不可思議な歴史 ハヤカワ文庫NF 数理を愉しむ マリオ・リヴィオ(著/文)千葉 敏生(翻訳) 文庫判 416ページ定価: 960円+税 発行:早川書房書店発売日: 2017年9月21日 今回のブッ […]

続きを読む
ブックレビュー
『情報生産者になる』

ちくま新書情報生産者になる 上野千鶴子(著・文) 発行 筑摩書房新書 384ページ書店発売日 2018年9月5日定価 920円+税 今回のブックレビューは、「情報生産者になる」です。 この本の紹介は、 情報があ […]

続きを読む
ブックレビュー
『ハンチバック』

第169回芥川賞受賞。
選考会沸騰の大問題作!
「本を読むたび背骨は曲がり肺を潰し喉に孔を穿ち歩いては頭をぶつけ、私の身体は生きるために壊れてきた。」
井沢釈華の背骨は、右肺を押し潰すかたちで極度に湾曲している。
両親が遺したグループホームの十畳の自室から釈華は、あらゆる言葉を送りだす――。
(文藝春秋社の紹介文を引用)

続きを読む
ブックレビュー
『第三の大国 インドの思考』

第三の大国 インドの思考 激突する「一帯一路」と「インド太平洋」 笠井亮平(著・文) 発行:文藝春秋新書判 272ページ書店発売日2023年3月17日定価 1,000円+税 書影:WEBサイト「版元ドットコム」 […]

続きを読む
ブックレビュー
『平家物語』

作者不詳 鎌倉時代ころ成立とみられる 書影:国立国会図書館所蔵「平家物語 12巻 [1]」 今回のブックレビューは、「平家物語」です。 懐かしいですね。遠い昔、学校で習いましたね。 祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。 […]

続きを読む
ブックレビュー
『「日本」ってどんな国?』

ちくまプリマー新書 本田 由紀(著/文) 発行:筑摩書房新書判 272頁 ISBN978-4-480-68412-7定価 920円+税書店発売日2021年10月7日 書影:WEBサイト「版元ドットコム」より 今 […]

続きを読む
ブックレビュー
『満願』

米澤 穂信(著/文)ISBN 978-4-10-301474-4   四六判 336頁定価  1,600円+税発行 新潮社書店発売日 2014年3月20日 書影:WEBサイト「版元ドットコム」より 2 […]

続きを読む