抱き合わせ商法

今回は過去に問題となった抱き合わせ商法について書いてみたいと思います。

抱き合わせ商法は、一般的に人気の高い商品に不要な商品をセットにして販売する方法を指します。遠い昔、マイクロソフトがエクセル・ワードと一緒にスケジュール管理ソフトの販売を強要したことが抱き合わせ商法に抵触しています。
公正取引委員会では、「相手方に対し、不当に商品又は役務の供給に併せて他の商品又は役務を自己又は自己の指定する事業者から購入させ、その他自己又は自己の指定する事業者と取引をするように強制すること。」を「不公正な取引方法」にあたると指定していおり、これがいわゆる抱き合わせ商法と言われるものです。

先般、北海道で起こった爆発事故の原因となったスプレー缶は、入居時の室内消毒費として借主にお願いするものです。テレビのインタビューで見る限り、消毒については任意になっているそうなので問題ないと思いますが、これが入居時の条件だったら「抱き合わせ商法」となりかねないので注意したいものです。

弊社としては、お客様が必要だと思っていただけるサービスをご提供させていただきます。
お客様がいぶかしく思われるようなサービスは、きちんと説明し、ご納得いただけないサービスはご提供差し上げないようにしていきます。

アイドル投票用紙付きCDは抱き合わせ商法にならないのかと思ってしまいますが、今のところ限りなく黒に近い白だそうです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です