100兆円突破

日本の来年度予算が、100兆円を突破しました。59兆円の税収しかないのに100兆円を使うのですから、日本の借金は増えていく一方です。日本の借金はGDP比196%まで高まっています。詳しくは以下を確認してください。http://www.zaisei.mof.go.jp/num/

日本の財政が危ういと言われて久しく、既に 1979年の大平政権の時に一般消費税の導入を閣議決定しています。 1989年に3%の消費税を導入しその後5%、8%と増税していきとうとう来年は10%になります。これまで何度も増税してきたはずなのに、日本の財政は健全化の兆しがありません。
40年以上前から財政再建は叫ばれているのに、日本の財政は改善しません。
何故、日本の財政は健全化しないのでしょうか。

消費税導入直後の平成元年から30年間で、40兆円も支出が増加しています。
日本は支出を抑えることを行ってきていません。どんなに増税して収入が増加してもそれ以上に支出すれば、財政の健全化が望めないのはわかりきったことです。
財政再建をまともに論議すれば、政治は票を失うことになります。消費税導入、消費税率のアップの際に自民党は大敗しています。政治にとって消費税はトラウマになっているのだと思います。

しかし、これを乗り切り国家を健全な形にすることが政治だと思います。このようなことを考えるたびに、日本国民は未成熟なのではなかと思ってもしまいます。

どうしたら、解決できるでしょうか?
私は国民レベルで問題を検討する社会を作ることだと考えます。
これからの社会のために、少しづつでも国民レベルで国家を考える社会になるようにしていきたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

年の瀬なのに

次の記事

今年の漢字「頑」