緊急メール

福岡では、本日10時と10時5分に緊急メールが鳴りました。
理由は以下の通り。

さて、これまで平和に暮らしてきた僕ですが、こんな日が来るとは夢にも思いませんでした。
行政が市民を巻き込んで訓練を行うということは、実際にミサイルが発射されるリスクは相当高い状況にあると思います。

僕は、第二次世界大戦が終わって、戦後の苦しい時期を過ぎた後に生まれた世代で平和な状況しか知りません。
日本人の大多数がそうでしょう。
けど、今危機はそこにあるということなんですね。
この状況を、一人の暴君が起こそうとしていることとして片づけていいことなのでしょうか。

これからの未来を生きる子供たちの世界を、今よりもっと良いものにしていくことが、先に生まれたものの責任だとすれば、僕たち世代は責任を果たしてきたと言えるのか?自分に問いたくなります。

ある人と飲んでいて、「社是」があるべきだという言葉をもらいました。
僕の中では、それは会社名である「ライフ・バリュー・クリエーション」に込めたと話しました。

この会社が、「人の明日のために役に立つものであること」
そう思っていますがご指摘を考えると、社名は漠然としていますので、より明確な言葉で「社是」を設けることが良いのだろうを考えています。
そして、社是に則り活動することで、明日の子供たちへの責任を果たしていきたいと思いますし、個人もそうですが、そういう企業でありたいと思っています。

ちょっと今日のブログは硬いかな。
また、叱られそう。(笑)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

苦情のお電話