ランチェスター

ランチェスター経営戦略を読んだのは、30年ほど前です。それから何度か読みました。ランチェスター戦略の基本的な考え方は簡単ですが、当たり前の話過ぎてなぜこれが戦略なのかを理解できずにいました。というか、今でもあまり理解していません。
何故理解できないのか。
この頃少しわかってきました。僕に実践が伴っていないからです。実際に行動しないと、戦略の意味を理解するのは難しいのだと思います。今回、不動産業界に入って気づいたことですが、成功している地場の不動産会社や不動産のフランチャイズの基本的な戦略はランチェスター戦略をとっているということです。成功した地場の不動産業にしても、FCにしても、一定の成功にいたる過程においての企業規模は弱者に分類されるということだからでしょう。そもそも不動産業は一人企業が非常に多い業種です。会社で一匹狼的な成績の良い営業マンが独立するパターンが多いようです。
ランチェスターを日本で有名にしたのは、セブンイレブンだと記憶しています。今ではすっかり強者ですが、スタートは弱者でした。それにセブンイレブンの一店舗一店舗の規模は小さく、基本的にはランチェスター戦略が適する企業形態なのでしょう。

今回、僕もランチェスター戦略を実践しようと思います。

さて、具体的にはどうしよう?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

Moon Beams

次の記事

寒くなりました。