夫婦それぞれの呼び方について

この頃、中国ドラマにはまってしまったのですが、そのドラマ「花と将軍~OH MY GENERAL~」の中で、妻である大将軍が夫を呼ぶときに、「お前様」と呼んでいます。中国語ではよくわからないのですが、グーグル翻訳でお前様を約してみると、「您」という文字が出てきます。この文字を逆に訳すと「君は」という言葉に変わります。日本語で言う「あなた」のようなものでしょうか。

私が何故この言葉を気になってググったのかが、今回のテーマです。
日本語で、夫婦の男性側を呼ぶ場合、ご主人様、旦那様、ご夫君という言い方になろうかと思います。しかし、この頃この言葉に違和感を感じている女性が増えてきているようです。「夫婦間においては対等であり、女性は仕える立場でない。」という意見でしょう。社会の状況も変わってきており、このように感じるが増えるのは当然だと思います。私は男で、言われる立場なので違和感をそう感じていなかったのですが、妻から、ご主人様、旦那様という言葉は女性を下に見ている言葉だという意見を聞いて、なるほど、そう感じているのかと思った次第です。

そうすると、女性を、奥様、御奥様、奥方様、ご令室様、令夫人というのも見直したほうがいいのかと思います。共働きが当たり前の今、女性は社会のフロントに立っていますし、家庭でも奥に控える時代ではないですから。

では、どのように呼べばいいのかとなってきます。そこで中国ドラマでどのように呼ばれているかが気になったのですが、中国は日本と同じような家という制度が強い社会ですから、あまり参考にはならないようです。

きっと新しく作ったほうがいいと思いますが、なかなか思いつきません。考えだしたら、ジェンダーの時代ですから男女で分けることもどうなのかなどと考えてしまいます。既存の言葉ならそれぞれのパートナーという意味で「伴侶」が汎用性があっていいのかなと思ったり・・

誰か、良い言葉を探してください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

SNSの話