不動産と無関係な話―WrestleMania編―

こんにちは、友仁です。

 

今年もWM(レッスルマニア)が近づいてきましたね。

 

今年は4/7にワールドトレードセンターから車で30分ほどの距離にあるメットライフスタジアムでの公演が決まっています。

メットライフスタジアムはレッスルマニア29でも使われたので、実に6年ぶりとなります。

収容人数は82000人ほどだったと思うんですが…

毎年のレッスルマニアは大体75000人くらいは入ってたと思うので、今年も満員近いんじゃないでしょうか。

 

そもそもWrestleManiaとは?

前回の記事でWWEについては簡単に説明させていただきましたが、WWEというプロレス団体の興行は大きく分けて3通りございます。

 

1.テレビ放送 2.ハウスショー 3.PPV

 

テレビ放送というのはその名の通り、毎週行われているテレビ番組の事です。

アメリカでは現在大きく分けて4つの番組が毎週放送されています。

この中で選手達のストーリーが展開され、後述するPPVにつながっていきます。

 

ハウスショーとはテレビ放送されない公演の事です。アメリカ各地や時に国外にも行って、現地のファンを楽しませます。

日本にも年1~2回来ますよ。ただ東京か大阪での公演が多いので、私は見に行けたことがありません…

 

最後に説明するのがPPV。前述のレッスルマニアもこれにあたります。

PPVは月に一度行われるペイ・パー・ビュー(有料放送)の略であり、普段のテレビ放送よりも規模が大きなものです。

毎週の放送もこの月一のPPVを目指すストーリーになっており、王座移動なども頻繁に発生します。

 

その中でも規模が大きいのがRoyalRumble(1月)、SummerSlam(8月)、そして最大規模のWrestleMania(4月)です。

WrestleManiaとは野球で言えば日本シリーズ、サッカーで言えばチャンピオンズリーグのようなまさに1年の総決算です。

世のプロレスラーたちの夢の舞台、と言っても過言ではないでしょう。

この日のメインイベントに戦うレスラーこそ、今のプロレス界の顔であることを否定できる人はそういないはずです(ケニーオメガはできr)

 

昨年のWrestleMania34は?

昨年は日本のWWEユニバース(ファン)にとっては大変うれしい年でした。

前回の記事で紹介させていただきました、我らが中邑真輔(ShinsukeNakamura)がこの大舞台で王座戦を行ったのです。

 

王座奪取とは行きませんでしたがWrestleManiaの舞台(それもメインイベントに)に日本人が立ったというのは、それだけで歴史的快挙です。

対戦カードも新日本時代からの因縁の相手であるAJ Styles。注目されないわけがないですよね。

 

また、Asuka姐さんもシャーロット・フレアー(なんと彼女はネイチャーボーイ・リックフレアーの娘)相手に王座戦をおこなってます。

残念ながらその際は負けてしまいましたが、去年の終わりに雪辱を果たし王座戴冠しています。

 

今年のWrestleMania35の見どころは?

本年度のWrestleManiaでの対戦カードはまだ確定はしていません。

 

今のところ予想されているカードが…

ブロック・レスナー(c) vs セス・ロリンズ ユニバーサルチャンピオン王座戦

ロンダ・ラウジー(c) vs シャーロット・フレアー vs ベッキー・リンチ Raw女子王座戦

ダニエル・ブライアン(c) vs コフィ・キングストン? WWEチャンピオン王座戦

カート・アングル引退戦

バティスタ vs トリプルH シングルマッチ

ジョン・シナ vs ???

くらいですかね?

 

僕が勝手に予想しているのが…

Asuka姐さん(c) vs レイシー・エヴァンス 女子スマックダウン王座戦

ICチャンピオン王座戦はリコシェ、ラシュリー、イライアスとかでフェイタル4ウェイマッチとか?

USチャンピオンあたりに復帰したてのケビン・オーエンズとかも絡んできそうですよね。

あとはNXT勢がどこで絡んでくるかもわりとワクワクして待ってます。

 

まあ3月のPPVであるFastlaneが終わったら、ある程度試合も決まってくるでしょうし、その時にまた対戦カードの詳細については触れることにしましょう。

 

今年の見どころは、順当にいけばユニバーサルチャンピオン戦でしょうね。

おそらくロリンズが奪取するでしょうし、 The Shield(ロリンズ・アンブローズ・レイズで構成されていた人気ユニット)の残り二人も何かしらの絡みがあるでしょうから。

ただ、私個人としてレスナーもロリンズも特別好きな選手ではないので、わりとどうでもよいですね。

 

それよりも、もしこのままコフィ・キングストンブライアンと王座戦をして、万が一王座奪取ともなれば、結構な騒ぎになるのでは?とか考えてます。

コフィ・キングストンは結構な古株ですが、トップ戦線には絡めずにくすぶっていた人です。ここでまさかのブレイクを果たすのか?

 

ああ、バティスタさんが久しぶりに試合をするのではないか?というのも話題ですね。対戦相手のトリプルHももういい歳だし大丈夫ですかね?

おっちゃんハンターvs歳をとった野獣 どんな試合になるのか…?

 

あと、相手はまだ未確定ですが、Asuka姐さんも王者として防衛戦をするので、日本人としてはそちらも見どころの一つですよね。

まとめ

長々と書きましたが、皆さんの興味は引けましたかね?

 

プロレス界最大の祭典、本当はここに書ききれないくらいの沢山の魅力があります。圧巻の入場シーン、往年のレスラーの出演などなど…

日本からも有料チャンネル等で視聴可能なので、興味がわいた方は是非ご覧ください。

次のブログ更新時に特にWWEの新情報がないようであれば、日本のプロレス事情についての書く回にしようかと思います。

 

最後は僕の手書きWWEロゴで締めましょう。

プロレス最高!!!

追記

本日のスマックダウンでケビンオーエンズがWWE王座戦線に加わりましたね。

予想よりもかなり早い復帰でちょっとしたサプライズでした。

RトゥルースのUS王座にはレイ・ミステリオかアンドラーデ(日本ではラ・ソンブラとして知られている)が挑むことになりそうです。

マット・ハーディも復帰しましたので、ハーディボーイズもタッグ戦線に加わるでしょうね。

Follow me!

不動産と無関係な話―WrestleMania編―” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です