年収

カルロスゴーンさんの逮捕が話題となっています。

主な話題は2つあって、一つは日産のクーデターについて。もう一つはカルロスゴーン氏の年収について。

年間10億円でしょうか。それとも20億円でしょうか。ルノーの報酬を合わせるといくらもらてっていたのでしょうか?
売上ではなくて、役員報酬ですから凄まじいですね。

ただ、私、個人的にはそれが正当な対価であれば100億もらおうとかまわないと思っています。
それだけの働きをしたのであれば、もらっても問題ないはずです。

10億円以上はいけないとか、世間一般の年収と大きな乖離があれば問題だというのはナンセンスで、報酬を得るだけのきちんと利益なり成果なりをきちんと出していれば、私はその人は報酬をもらう権利があると思います。
逆に成果を出せない場合は、クビになるのだし。

思うに、何故虚偽の報告をしたのでしょうか?
堂々と報告書に記載すればよかったと思いますが、記載すれば株主等から反発があると考えたのでしょうか。
株主に対する説明が面倒だったのでしょうか。

少なくとも、今の日産があるのはゴーン氏のおかげだし、三菱自動車があるのもゴーン氏のおかげだと思います。

今の時点で考えると、自分の報酬が正しいと思えば堂々ともらうほうが良かったのでしょう。

ただ、そんなに持っても忙しい方なのでなかなか使えないとも思いますが・・・

そんなことより、弊社は年間売上10億に達することができる会社になれるでしょうか。
売上10億円は、売上額が大きく上がる建設やメーカーでもなかなか難しいし、小売業も大変。
弊社のような手数料商売で10億円は本当に大きな金額です。

ソフトバンクの孫さんは、会社がまだ本当に小さいころから、豆腐屋のように「チョウ」を稼げる会社になろうと言っていたそうです。
「兆」
夢のようなことですが、実現されましたね。

やはり、目指さなければ成し得ないことです。

弊社の場合は、まずは今日のご飯がいただけますように・・・

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

帰省