長閑な午後

どこに行こうと自由なのが、自営業者のいいところで、昨日、お昼ご飯を食べに、財務最高責任者と一緒にお店にお食事に行きました。
外食と言っても、自分の店舗の近くです。実際はコンビニで弁当を買って食べることとあまり変わりません。小一時間ほどお店を空けさせていただく贅沢をさせてもらいました。
今回昼食に行ったお店は初めって訪問するお店で、赤ちゃん連れのお母さんが二人、先客でいらっしゃいました。赤ちゃん用のいすがしっかり用意されていたので、子供連れ大歓迎がコンセプトのお店なのだろうと思います。
テーブル3つの小さなお店で、必然的に赤ちゃんの近くに席をとることになりました。
席に座ると、赤ちゃんが私たちをじっと見つめます。私たちを見つめては、お母さんのほうを向きなおし、キャッキャッと笑っているようです。
そんな赤ちゃんの愛らしい姿に、起業で少し疲れている心を癒してもらいました。
小さな子を見るといつも思います。
「自分たちにもそんなことがあったなあ。あの頃はきつかったなあ。毎日妻が子供を抱いて泣いていたなあ。夜もなかなか眠れなくて、疲れていたなあ。」

けど、あれほどつらいと思っていた日々はいつの間にか懐かしい思い出に変わり、今日は今日の悩みに追われる日々。

昼食を終えた帰り道。
秋の日差しは暖かく、頬に吹く風は柔らかく。長閑な午後のひと時。優しい気持ちにしてくれます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です